東松戸の小児科 ひがしまつど小児科|千葉県 松戸市 東松戸駅 予防接種 乳幼児健診

東松戸の小児科 ひがしまつど小児科|千葉県 松戸市 東松戸駅

東松戸の小児科 ひがしまつど小児科の診療時間|午前診療9:00~12:00、午後診療15:00~18:00、休診日:木曜、土曜午後、日曜・祝日

東松戸の小児科 ひがしまつど小児科の電話番号は047-391-7001

東松戸の小児科 ひがしまつど小児科のインターネット予約はこちら

おねしょ・夜尿症

夜尿(おねしょ)は、小学校入学時のお子さんの10%位にみられると言われています。
お子さんやご両親がもし夜尿にお悩みでしたら、以下をご参考にしていただければと思います。

水分摂取の仕方について、ちょっと工夫をすることをおすすめします。
1日の中で、日中に多めに水分を摂るようにして、夕方以降は少なめにしておいた方が良いかもしれません。夕食は就寝の2時間前までに済ませ、就寝2時間前からの水分摂取は控えめにしておいた方が良いでしょう。
就寝前にトイレに行く習慣は大切です。トイレにいったら、カレンダーにシールを貼るといったちょっとしたご褒美も良いかもしれません。

アラーム療法について

アラーム療法とは、下着につけたセンサーにおしっこが反応してアラームが鳴り、お子さんが目を覚ます、というものです。
アラームが鳴ってもお子さんが熟睡していて目覚めない場合は、保護者の方にお子さんを起こしてもらいます。

おねしょをしたら起こされる、ということを繰り返しているうちに、おねしょをする時間がすこしづつ朝の時間にずれてきたり、おねしょの頻度が減ってきたり、という変化を期待する治療法です。

お薬による治療について

おしっこは腎臓でつくられるのですが、その際に、濃いおしっこになるようにする薬(デスモプレシン)を使って夜の尿の量をへらそうという治療です。
デスモプレシンによる治療を行う時は、服用数時間前頃からは水分を多くとらないでください。気持ち悪い、だるい、頭痛といった副作用が出現する可能性があります。

上記の治療でも、なかなか改善しない場合

日中の起きているときにおしっこを漏らしてしまったり、治療に難渋する便秘を合併していたり、アラーム療法やデスモプレシンでなかなか改善しない場合は、膀胱の機能に問題があったりすることがあります。そのような場合、ひがしまつど小児科では専門の医療機関を紹介しています。