東松戸の小児科 ひがしまつど小児科|千葉県 松戸市 東松戸駅 予防接種 乳幼児健診

東松戸の小児科 ひがしまつど小児科|千葉県 松戸市 東松戸駅

東松戸の小児科 ひがしまつど小児科の診療時間|午前診療9:00~12:00、午後診療15:00~18:00、休診日:木曜、土曜午後、日曜・祝日

東松戸の小児科 ひがしまつど小児科の電話番号は047-391-7001

東松戸の小児科 ひがしまつど小児科のインターネット予約はこちら

百日咳

生後3か月をすぎたら4種混合ワクチンを接種できるようになります。
この4種混合ワクチンには「百日咳」を予防する効果があります。

百日咳にかかると、咳が2~3か月と長く続くことがあります。最初の2週間程度は咳や鼻水といった「かぜ」症状とあまり変わらないのですが、その後咳がひどくなってきます。連続して激しく咳こみ(スタッカートといいます)、息を吸うときに「エーッ」と音が聞こえます(ウープといいます)。非常につらそうな状況です。乳児期前半の赤ちゃんですと、呼吸を止めてしまうこともあります。

ワクチンを接種したら、一生かからないですか?

残念ながらスケジュールどおり4回接種しても、4~12年くらいたつと百日咳に対する免疫が減ってしまうと考えられています。ですので、予防接種を4回接種してもしばらくたつと百日咳にかかってしまうことがあります。
これまで保育所小学校中学校での集団発生の報告があります。

予防接種はどのようなスケジュールで行いますか?

乳児期に百日咳にかからないようにするために、生後3か月を過ぎたら、4種混合ワクチンを早めに行うとよいでしょう。
3~8週間の間隔をあけて2回目、また3~8週間の間隔をあけて3回目の4種混合ワクチンを接種します。3回目が終わって半年から1年半ほど経過したら4回目の4種混合ワクチンを接種します。